ココナッツオイルのメリット&デメリット

今話題のココナッツオイルで、「ケトン体ダイエット」!白澤式?その方法やメニューを解説

このページココナッツオイルの効果・効能!健康にいい?アルツハイマー、認知症の予防・改善にも?でも解説しましたが、ケトン体とは認知症やアルツハイマーなどに効果があると言われているものです。

通常1日のカロリーのうち、60%ほどが炭水化物なんですが、"ケトン食事法"はその炭水化物を2%程度に控えるものです。

炭水化物を2%程度に控えた場合、タンパク質などの他の栄養素を補う必要があります。


ケトン食事法のルール


まずはじめに、2週間は白米、パン、砂糖、清涼飲料水、化学調味料、ラーメン、ファストフードなど、糖質と炭水化物を制限します。

食事メニューとしては、朝食は野菜ジュースだけで、昼食・夕食では野菜、肉、魚をメインに食べて、量はだいたい腹七分目程度にするそうです。



この食事法により血糖値が上がりにくく、血液中のブドウ糖が不足して、肝臓で中鎖脂肪酸がケトン体になり、そのケトン体からエネルギーが作られる、"ケトン体回路"になります。

ケトン体回路になることで、細胞は体が危険な状態だと判断し、長寿遺伝子が動き出します。


こうしてケトン体回路になることで、アンチエイジング効果、アルツハイマー病予防、そして脂肪が分解されることによる内蔵脂肪の減少などが期待できるそうです。
(参考 日経経済新聞 http://www.nikkei.com/article/DGXMZO81014310X11C14A2000000/


ケトン体ダイエットに、ココナッツオイルがいい理由


このケトン体ダイエット(ケトン体食事法)は、別名「アトキンス式ダイエット」や「ケトジェニックダイエット」と呼ばれ、ココナッツオイルが協力な味方になってくれます。

このケトン体食事法など、脳や体のアンチエイジングに詳しい順天堂大学大学院教授の「白澤卓二」さんも、ケトン式ダイエットにココナッツオイルを取り入れる方法を勧めています。


ココナッツオイルには、中鎖脂肪酸が多く含まれていて、血中のケトン体濃度を上昇させることができます。
つまり、体をケトン体回路に切り替えしやすくしてくれるということです。

ケトン対食事法のルールはそのままで、それプラスヴァージンココナッツオイルを食事に取り入れるだけなので、とっても簡単にココナッツオイルを摂取できます。

実際、世界ふしぎ発見!にてマザー八田 航樹さんがケトン体ダイエットを行ったところ、たった4週間でマイナス7kg、8週間でマイナス11kg越えという結果を出したほどで、"ケトン式ダイエット"と"ココナッツオイル"との組み合わせダイエットの効果はかなり期待できると思います!




ココナッツオイルはこちらのページココナッツオイルってなに?種類の違い/中鎖脂肪酸、ラウリン酸とは?でも紹介した通り、一般的な油よりも吸収も代謝も早く、脂肪になりにくい上、ダイエットがしたい人はむしろヴァージンココナッツオイルを摂ったほうが良いと言われているほどです。

ただし、ココナッツオイルであればどんなココナッツオイルでもいいわけではなく、安価な精製ココナッツオイルよりも、「ヴァージンココナッツオイル」の方が効果が見込めるそうです。


ケトン体ダイエットと、低炭水化物ダイエットとの違い


ケトン体ダイエットと低炭水化物ダイエットは、結局のところ炭水化物を控えるというルールは似ています。

しかし正確には、ケトン体ダイエットの場合は炭水化物を控えるのは最初の2週間のみで、その後は徐々に炭水化物を増やしていくため、低炭水化物ダイエットのように、ただずっと炭水化物を抜くダイエットとは全く別ものなんです。

低炭水化物ダイエットのように、継続して炭水化物を控えていくのはかなり難しいですが、ケトン式ダイエットは炭水化物を控えるのは最初の2週間だけなので、続けていきやすいダイエットとなっています。

また、ケトン体ダイエットにはダイエット以外の効果もあります。


★ケトン体食事法、ヴァージンココナッツオイルで、期待できる効果まとめ
・アルツハイマー病の予防
・アンチエイジング
・集中力が上がる
・糖尿病予防
・高脂血症予防




ケトン体ダイエットには副作用がある?注意点は?


ケトン体ダイエットを行う場合、ダイエットによってケトン体濃度が上がると、それらを体外へ排出しようとする働きにより、脱水症状になることがあります。
そのため、水やお茶などの水分を1日2リットルは飲むように心がけてください。

そして、ケトン体によるダイエットの効果を上げたい場合、適度な運動を取り入れることをオススメします。



また、ケトン体ダイエットにより体がケトン体回路になるときには、人によっては副作用のような症状が出る場合があります。

この副作用のような症状とは、例えば頭がボーッとする、頭痛、下痢などが起きる可能性もあります。

その他に、ケトン体が体内で多くなることにより、いわゆるダイエット臭と呼ばれる甘酸っぱい匂いがすることもあります。
仕事柄多くの人と接する人は特に気になってしまう症状だと思いますが、体型はごまかしがききませんが、臭いに関しては香水や制汗剤などでもごまかしができますので、そこまで気にすることはないと思います。


ちなみに白澤教授によると、ケトン体質になったあとは3日に1回くらいは炭水化物を食べても大丈夫だそうなので、これならダイエット中もそれほどストレスにならないのでいいですね。


<<前の記事「ココナッツオイルの効果・効能!健康にいい?アルツハイマー、認知症の予防・改善にも?」へ
   >>次の記事「ココナッツオイルの効果・効能!免疫力アップ/美容にいい?美肌、美髪(ヘアケア)、育毛、アトピー改善」へ


●関連記事
ココナッツオイルの効果・効能!中鎖脂肪酸で「食べて痩せる」!ダイエットの味方!
ココナッツオイルの10の使い方&摂り方【前編】!1日の摂取量の目安/食べる・塗る・入浴まで?!
ココナッツオイルの10の使い方&摂り方【後編】!ヘアケア・うがい/1日の過ごし方




>>海外セレブも愛用!いま話題のヴァージンココナッツオイルをサプリにした『VCOサプリメント』詳しくはコチラ

私のおすすめ★ココナッツオイルならコレ!

 

もはや万能?!ココナッツオイル

 

ココナッツオイルのメリット&デメリット

 

HOW TO 「ココナッツオイル」☆

 

外為オンライン口コミ