HOW TO 「ココナッツオイル」☆

ココナッツオイルを使ったベビーマッサージの効果!オムツかぶれ、乳児湿疹/ママの乳首ケア、妊娠線にも☆

ヴァージンココナッツオイルは、美容やスキンケア、ダイエットにアルツハイマー・認知症予防など、嬉しい効果がたくさんありますよね。

基本的には、子供から大人まで摂取しても問題ないですし、妊娠中に飲んでも大丈夫だと言われています。


ヴァージンココナッツオイルの使い方、活用法はたくさんあり、基本的な用途についてはこちらで解説していますが、赤ちゃんにもヴァージンココナッツオイルを使って行ってあげてほしいのが、この"ベビーマッサージ"です。


そもそもベビーマッサージって何?


ベビーマッサージとは、ママ(パパ)が赤ちゃんをマッサージすることにより、赤ちゃんもママも心身ともに幸せになれるというものです。




★ベビーマッサージの具体的な効果
<赤ちゃんへの効果>
・ママにたくさん触れられて育つと、情緒豊かで
・安らぎ、リラックス効果によってぐっすり眠るようになる
・触覚が刺激されて、脳の働きや筋肉の発達が活発になる
・心地良い状態が、ストレスを下げる


<ママへの効果>
・どんなふうに赤ちゃんに触れると喜ぶか、赤ちゃんとのコミュニケーションがとれる
・育児へのゆとりができる
・赤ちゃんとの信頼関係ができる
・日常的に触れることで、赤ちゃんのささいな変化にも気づくことができる
・血行促進効果


子育てに奮闘中のママさんからは、「忙しくて、そんなことしてる時間なんてないわ!」と聞こえてきそうですが(笑)、ベビーマッサージをすることはこれほどにも良い効果があるので、ぜひやってみてください☆

ベビーマッサージのやり方・手順と、やり始めてもいい時期、こんな時はベビーマッサージはNG!などについては、こちらのページココナッツオイルでベビーマッサージ☆実践編!やり方・方法/いつから始めてOK?こんなときはやってはダメ!で解説しています。


ヴァージンココナッツオイルは、オムツかぶれや乳児湿疹にもGOOD!


ヴァージンココナッツオイルのすごいところは、オムツによって真っ赤にかぶれてしまう「オムツかぶれ」の予防やケアにも使えます。

赤くなってしまったところにヴァージンココナッツオイルを塗ると、痛みが治まるそうです。
ということは、ヴァージンココナッツオイルでベビーマッサージをしてあげていれば、オムツかぶれになりにくいということですよね。




また、一度は誰もが経験する?とも言われている、「乳児湿疹」にも、ヴァージンココナッツオイルはとってもいいんです。

乳児湿疹のケアは、しっかりと保湿することが基本となります。
ヴァージンココナッツオイルなら保湿力に優れ、実際にココナッツオイルで乳児湿疹のケアをしている方は結構いますよ。


なぜ、ベビーマッサージにはココナッツオイルがいいの?


一般的なベビーオイルでは鉱物性のものが多いため、敏感肌の赤ちゃんは肌がかぶれることがあります。
実際、ベビーオイルでマッサージをすると赤ちゃんに湿疹ができてしまい、困ってしまうママさんもいます。

乳児湿疹に関しても、赤ちゃんの保湿に関しては市販されているローションやクリームなどいろいろな物があり、正直なところどんな物を使ったらいいかわからないと思いますが、ヴァージンココナッツオイルは、無添加の自然の食品です。

赤ちゃんには、やっぱり極力薬は使わないようにしたいのが本音ですよね・・・。( ̄× ̄;)




ヴァージンココナッツオイルは抗菌効果や保湿効果にも優れていますし、なんといってもヴァージンココナッツオイルは薬ではないので、基本的には副作用などの心配はないと言われています。

実際に、ベビーマッサージのサロンや教室などでは、ヴァージンココナッツオイルやホホバオイルなどが使用されています。


ベビーマッサージで使うオイルは、赤ちゃんが指しゃぶりをして口に入ってしまっても安全な、無添加で保存料なども含まれていないオイルでなくてはいけませんから、そういった面で考えても、ヴァージンココナッツオイルはおすすめなんですよ。

ヴァージンココナッツオイルなら、塗り心地はサラっとしていて、ココナッツの甘い香りでとってもリラックスできます。
ヴァージンココナッツオイルの抗菌性や保湿効果により、おむつかぶれ、湿疹、アトピーなどの炎症も抑えてくれますし、薬ではないので、肌が敏感な赤ちゃんにも安心して使えますね。


ただし、どんなココナッツオイルでもいいというわけではありません。
ココナッツオイルを購入するときには、精製されたココナッツオイルは絶対に選ばないでください。

精製がされていない"ヴァージンココナッツオイル"でなければ、さまざまな効果も期待できないどころか、添加物などの心配もあります。

赤ちゃんに使うものも、自分に使うものも、絶対にヴァージンココナッツオイルを選ぶようにしましょう。




また、ココナッツオイルに限らず、どんなものでも同じことが言えますが、赤ちゃんに使う前には必ずパッチテストなどを行い、肌に合うかどうかを試してから使うようにしましょう。

パッチテストで肌に赤みなどの異常が出た場合には、すぐに拭き取ったり、洗い流すようにしてくださいね。


ヴァージンココナッツオイルは、保存料が含まれていないのに、もともととても酸化しにくいオイルなので、使い勝手もいいですね。


赤ちゃんにも、ママにも使えるのも、ココナッツオイルのいいところ!


赤ちゃんをマッサージしながら、自分の体もココナッツオイルでマッサージできるところが、ヴァージンココナッツオイルのいいところなんです。

ヴァージンココナッツオイルは「妊娠線予防」にも使えるから、妊娠中に自分にも使っておいて、出産後は赤ちゃんにも使えるなんて、なんて万能なオイルなんでしょう☆

妊娠線予防に使いたい女性は、お腹が大きくなり始める4ヶ月目あたりから、お風呂上がりにお腹に塗ってくださいね。


その他は、「乳首ケア」」にも使えます。
授乳しはじめてすぐは、乳首が切れたりして乳首トラブルに悩まされるママも多いんではないでしょうか?

ヴァージンココナッツオイルを乳首にも塗ることで、痛みも和らぎますし、治りも早いという口コミがありますよ☆


パパが、ママのために買って上げるのも◎。
ママには、いつまでも美しいBODYでいてほしいですからね☆






<<前の記事「ココナッツオイルの危険性・デメリットは?副作用がある?!」へ
  >>次の記事「ココナッツオイルでベビーマッサージ☆実践編!やり方・方法/いつから始めてOK?こんなときはやってはダメ!」へ


●関連記事
ココナッツオイルを使ったレシピ/ココナッツオイルと相性のいい食品
ココナッツオイルの10の使い方&摂り方【前編】!1日の摂取量の目安/食べる・塗る・入浴まで?!
ココナッツオイルの10の使い方&摂り方【後編】!ヘアケア・うがい/1日の過ごし方




>>海外セレブも愛用!いま話題のヴァージンココナッツオイルをサプリにした『VCOサプリメント』詳しくはコチラ

私のおすすめ★ココナッツオイルならコレ!

 

もはや万能?!ココナッツオイル

 

ココナッツオイルのメリット&デメリット

 

HOW TO 「ココナッツオイル」☆

 

外為オンライン口コミ