HOW TO 「ココナッツオイル」☆

ココナッツオイルを使ったレシピ/ココナッツオイルと相性のいい食品

ヴァージンココナッツオイルは、使ったり食べたことがない人がほとんどだと思います。

「ヴァージンココナッツオイルにはさまざまな効果があり、使ってみたいとは思うけど、実際どんな料理に使えるの?」と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。


買ってみてそれほど活用出来なかったら嫌だし、いざ買ってみたものの結局どういう風に使えばいいのか?という方のために、ココナッツオイルの味や風味を生かして、どんな食品・どんな調理方法と相性がいいかを紹介していきます。


ヴァージンココナッツオイルと相性のい食品




これは、芸能人のローラさんがスマスマのテレビ番組で紹介していたレシピで、スマップの皆さんも大絶賛していました。

それからは、本や雑誌、ネットなどでも大人気のココナッツオイルレシピとして取り上げられるメニューとなりましたね。

ローラさんのレシピでは、ヴァージンココナッツオイルとリンゴ、シナモン、はちみつを使用するんですが、その気になるレシピはこちらのページココナッツオイルを愛用している芸能人!飲み方伝授で紹介していますので、参考にしてください。


ちなみに、リンゴには食物繊維やビタミンC、カリウムなどが豊富に含まれているため、リンゴを食べることで期待できる効果には、血液がサラサラになったり、むくみ予防、美肌効果などさまざまです。

シナモンには、コレステロール値を下げたり、生理症状を和らげたりする効果があります。

はちみつには酵素やビタミンC、カリウムなどが含まれているため、美肌効果や高血圧予防効果などがあります。

ココナッツオイルの美肌効果について詳しくはこちらココナッツオイルの効果・効能!免疫力アップ/美容にいい?美肌、美髪(ヘアケア)、育毛、アトピー改善へどうぞ☆


なんといってもココナッツのほんのり甘い香りもとっても◎で、リンゴとの組み合わせの美味しさに感動するはずです!

子供にココナッツオイルを食べさせたい人も、これなら喜んで食べてくれる美味しさですよ☆(*´∀`*)




<リンゴ×ココナッツオイルの、その他のお勧めレシピ>
・リンゴとシナモンとココナッツオイルのジャム
・アップルパイにココナッツオイル
・リンゴとシナモンとココナッツオイルのマフィン

<シナモン×ココナッツオイルのその他のお勧めレシピ>
・シナモンとココナッツオイルのシュガートースト
・シナモンとココナッツオイルのクッキー
・シナモンとココナッツオイルのホットケーキ

<はちみつ×ココナッツオイルのその他のお勧めレシピ>
・はちみつとココナッツオイルのシフォンケーキ
・はちみつとココナッツオイルのフレンチトースト
・はちみつとココナッツオイルのホットケーキ





さつまいもは、ココナッツオイルと"黄金コンビ"という紹介をしているのは、美容家でさつまいも親善協会の鈴木絢子さんです。

さつまいもは、最近NASAなどでスーパーフードとしても注目を集めていて、鈴木絢子さんが紹介していたさつまいもとココナッツオイルのレシピはとっても簡単で、焼き芋にココナッツオイルをかけて食べるか、ココナッツオイルでさつまいもを炒めるものです。

(参考:http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20150116/enn1501161130003-n1.htm


ココナッツオイルとさつまいもを炒めるレシピは、他のさまざまな料理HPでも紹介されていて、ココナッツオイルを使ってスイートポテトを作ったりするのも有名なレシピですね。

さつまいもにはヤラピン、ビタミンB郡、ビタミンCなどが豊富に含まれていて、整腸作用や疲労回復、ダイエット効果があります。

ヴァージンココナッツオイルとの整腸作用についてはこちらココナッツオイルの効果・効能!便秘解消・改善できる?!、ダイエット効果については詳しくはこちらココナッツオイルの効果・効能!中鎖脂肪酸で「食べて痩せる」!ダイエットの味方!を参考にどうぞ。




<さつまいも×ココナッツオイルのその他のお勧めレシピ>
・スイートポテトのココナッツオイルがけ
・ココナッツオイル入りさつまいものポタージュ
・ココナッツオイルで大学芋
・さつまいも入りカレー





万能フルーツと呼ばれているバナナは、糖質、カリウム、マグネシウム、ナイアシン、ポリフェノールが含まれているため、むくみ予防、免疫機能強化、便秘予防、ストレス解消などの効果が期待できます。

バナナとココナッツオイルで、ダイエット効果も期待倍増?!かもしれませんね☆

ダイエット効果については詳しくはこちらココナッツオイルの効果・効能!中鎖脂肪酸で「食べて痩せる」!ダイエットの味方!を参考にどうぞ。


バナナとココナッツオイルを使った人気のレシピは、ココナッツオイルでバナナを炒めて、シナモンをかけるだけという簡単なメニューです。
このまま食べても美味しいし、これをトーストに乗せても美味しいですよ。




<バナナ×ココナッツオイルのその他のお勧めレシピ>
・ココナッツオイル入りバナナヨーグルトスムージー
・ココナッツオイルがけバナナのシフォンケーキ
・ココナッツオイル入りのバナナブレッドや焼きドーナツ
・フレンチトーストにココナッツオイルとバナナを乗せる





玉子スープやパンプキンスープなどのスープ類や、シチュー、パスタソース、味噌汁などにココナッツオイルを入れるのも、とってもアリな味に☆

ココナッツオイルの甘い香りも、なぜか味噌汁を引き立たせてしまうような新しい味に変化します。








ミルクやコーヒー、紅茶、豆乳など、温かい飲み物にならココナッツオイルはたいていなんでも合います☆

この飲み方はココナッツオイルの飲み方の基本中の基本です。
なぜ"温かい飲み物"に入れるほうがいいのかは、こちらのページココナッツオイルの正しい保存・保管方法を参考にしてくださいね。






ココナッツオイルに合う、その他の食品


ココナッツオイルは、基本的には一番簡単な使い方としてはホットドリンクに入れたり、パンに塗る方法があります。

また、ココナッツオイルを料理やお菓子に使う場合、ほとんどのものに油やバターの代わり(代用品)として使えます。

普段の食事で、油を使うときやバターを使うときに、これからはココナッツオイルを使うようにするだけなので、案外ココナッツオイルは簡単に使えますよ☆(*´∀`*)




洋食やスイーツだけではなく、案外和食にもとっても合うのもココナッツオイルの魅力の1つです。
味噌や醤油、塩麹にもかなりマッチするので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

どうしても液体状のココナッツオイルが苦手な人は、温めたチョコレートなどとココナッツオイルを混ぜたものを固めてチョコの味で消してしまったり、シリアルやドライフルーツなどと一緒に固めて食べると、ココナッツ感を抑えることができますよ。


<<前の記事「ココナッツオイルでベビーマッサージ☆実践編!やり方・方法/いつから始めてOK?こんなときはやってはダメ!」へ
  >>次の記事「海外セレブも愛用!いま話題のヴァージンココナッツオイルをサプリにした『VCOサプリメント』」へ


●関連記事
ココナッツオイルを愛用している芸能人!飲み方伝授
今話題のココナッツオイルで、「ケトン体ダイエット」!白澤式?その方法やメニューを解説
ココナッツオイルの危険性・デメリットは?副作用がある?!




>>海外セレブも愛用!いま話題のヴァージンココナッツオイルをサプリにした『VCOサプリメント』詳しくはコチラ

私のおすすめ★ココナッツオイルならコレ!

 

もはや万能?!ココナッツオイル

 

ココナッツオイルのメリット&デメリット

 

HOW TO 「ココナッツオイル」☆

 

外為オンライン口コミ